オランダなう


オランダなう

オランダ人の87%は自身を幸福だと回答

2016-03-20

オランダ統計局の調査によると、オランダの成人人口の平均87%は自身を幸せだと回答した。

そして、不幸せだと回答したのは、わずか3%のみであった。残りの10%の人々は、自身のことを幸せでも不幸でもないと答えた。

オランダ人の幸福感には、お金よりも、健康、仕事、人間関係が重要に作用している。

しかしながら高所得はより高い幸福感を与える。お金は、幸福を経験させる道具であるようだ。調査対象の中の低所得の人々は、6%は自身を不幸だと述べ、16%が幸でも不幸でもないと述べた。高収入の人々の中では、わずか1%が自身を不幸だと述べ、6%は幸でも不幸でもないと述べた。

健康は、オランダ人の中の幸福感に最も重要な事柄である。自身を健康であると回答した人々の95%は、自身を幸福だとも述べた。

また、カップルは独り身の人々より幸福を感じる人が多く、仕事を持つ人の91%は幸せだと回答した。

画像著作権: CBS





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で