オランダなう


オランダなう

オランダ 人種差別の報告 検察まで届かず

© RTL Nieuws

オランダ 人種差別の報告 検察まで届かず

2016-09-25

オランダの検察庁では、人種差別についてのすべての苦情報告に対処することができていない。

RTL Nieuwsによる調査では、苦情の約75%は検察庁まで到達しないことを示している。

2005年から2013年の間、警察には年間平均約416件の人種差別に関する苦情が入った。

しかし実際に検察庁に届いているのは、年間平均で123件のみである。

 

検察庁の広報担当は、この問題を認め、ソーシャルメディアの普及により、侮辱や脅しが簡単にできるようになっていることを指摘した。

 

オランダの人権委員会では、非常に多くの若者はソーシャルメディア上で行なわれている人種差別について何も打つ術がないと考えていることが、社会にとって良くないと語った。

オランダ社会問題省では、できる限りこの問題と戦って行くことを約束した。

 

 

画像著作権: RTL Nieuws





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で