オランダなう


オランダなう

オランダ 今年生まれの女の赤ちゃん 寿命は93歳

2016-09-16

オランダでの平均寿命は上昇を続け、今年生まれた女児は93歳まで生きる可能性がある。

オランダの数理統計協会からの新しい数字によると、平均的な男の赤ちゃんは、90歳まで生きるとされ、今後50年間で生まれる新生児は100歳まで生きられる可能性もある。

すでに現在、医学の進歩が寿命を延ばしているが、今後生まれる赤ちゃんは、多くの新しい医療の開発の恩恵を受けることができるようになる。

 

協会が明らかにした、寿命が延びることの欠点としては、生命保険会社や年金基金は、人々の長生きに対処するための余地を構築しなければならない。

 

現在オランダで徐々に引き上げられており2021年からは67歳になる年金受給年齢も、さらなる引き上げが余儀なくされる。

協会では、リタイヤ年齢も引き上げとなることを予測し、現在の40歳は、70歳になるまで仕事をしなければならないだろうと述べている。

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で