オランダなう


オランダなう

© NOS

オランダ保険協会 洪水被害への強制保険を検討

2017-09-15

オランダ保険会社協会VVVは、洪水による家屋や不動産に対する損害賠償のために、オランダに強制集団保険が必要であると考えている。

 

オランダでは1953年の大洪水の後、保険会社らは倒産の恐れから洪水保険を提供することをやめた。

現在、1社を除き、保険会社は洪水保険を提供していない。

 

しかし、最近の米国、アジア、カリブ海諸島で起こったハリケーンにより、オランダでも洪水被害への保険が再検討されている。

オランダのおよそ半分で、わずかながら洪水のリスクがある。

 

オランダには洪水からの経済保護措置がないとVVVは指摘している。

協会は、ベルギーや英国のように、政府が義務付けなければならない集団洪水保険制度を設けたいと考えている。

 

VVVは、この保険制度が儲けられれば、各家庭が月に約1.50ユーロを支払うことになると予測している。

 

現在、住宅所有者は、住宅ローンを取得するためには火災や暴風雨による被害からの保険加入の義務があるが、洪水被害はその限りではない。

 

 

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で