オランダなう


オランダなう

オランダ健康保険 追加オプションのパッケージ内容が減少

2017-11-13

オランダ健康保険プランは追加オプションパッケージでカバーされる内容が減少し続けている。

健康保険プランの追加オプションパッケージとは、基本的な健康保険プランに補足して、基本保険でカバーされない医療費の支払いパッケージを追加するシステムだ。

 

現在、追加オプションパッケージをつける人々の多くが、カバーされる内容が少なくなっていることに気づいていると、RTL Nieuwsが報じている。

例えば、今年の追加オプションパッケージで、理学療法36回の治療がカバーされていた場合、2018年には27回に減る。

眼鏡代金のカバーは、今年の100ユーロのカバーが75ユーロに減額されている。

いくつかの歯科用パッケージでも同様の減少が見られると、RTL Nieuwsは指摘している。

 

この減少は、追加オプションパッケージをつける人が減少しているために起こっている。

2007年には、追加オプションパッケージをつける人々は93%に及んでいたが、比較して今年は84%となっている。

追加オプション保険をつける人が少なくなると、保険会社へ入る金額が少なくなり、結果として保険会社はオプションを希望する人々へ支払う金額が減る。

 

保険会社DSWのディレクターによると、追加保険オプションをつける人々の大半は、つける時点で、オプションの治療を受ける計画を抱えている。

健康で問題のない人は、通常、追加オプションをつけない。

その結果、保険会社は、より高いコストとより低い利益に直面し、追加オプションの利点を減らすことや月額料金の増加を強いられる。

 

 

 

 

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で