オランダなう


オランダなう

オランダの原子力発電

© Bodoklecksel via Wikimedia Commons

オランダ原子力発電所 政府は財政支援をせず

2016-10-24

財政難となっているオランダ、ゼーラントのボルセラ原子力発電所に対し、オランダ政府は、財政的支援をしないと述べた。

 

オランダで唯一の原子力発電所を所有するデルタ社は、今後数年で原子力プラントによる損失を予測しており、オランダ政府に対して財政支援を求めていた。

同社は、エネルギー価格の低下の余波を受けており、破産する可能性を恐れている。

 

経済省では、13億ユーロの費用がかかることから、原子力発電所の閉鎖はオプションにないと述べた。

同省では、デルタ社の救済については前向きであるが、古い原子力プラントに投資については拒否をしている。

 

また、今月初めに出された複数の環境団体の組織スプリングアソシエイツからの報告書では、原子力発電所に政府が投資することは財政的に危険であり、現在の電力価格ではプラントの作動に利益が出ず、電力価格を2倍にする必要が出てくると示されている。

 

画像著作権Bodoklecksel via Wikimedia Commons





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で