オランダなう


オランダなう

コスト削減目的で国内の郵便ポストは半数へ

2016-05-20

オランダの郵便事業、ポストNLは今後数年間でオランダ国内の1万9千個の郵便ポストのうち1万個を除去することに決定したと、同社が認めた。

ポストNLは、手頃な価格の郵便配達サービスを維持することが一番の目的であると主張する。去年ポストに投函された手紙の量は1日1千万通となり11%の下落があった。

同社は、ポストの減数後もオランダ市民は郵便ポストから1キロメートル以上離れることはないだろうと語った。また介護ホームなどの近くには郵便ポストを設置するので、お年寄りや体の不自由な人も影響を受けることはない、としている。

ポストNLは郵便の手紙の減量を受け、コスト削減の目的で約2年半前、月曜日の手紙の配達を廃止している。フルサービスの郵便局の数も運用コストを削減するため、ショップやスーパーマーケット内でのサービスポイントに置き換えられた。

しかしながら、郵便の料金は年々上昇し続けている。例えば、2006年には切手料金は39セントであったのが、今年は73セントとその上昇は急激だ。2011年以降、切手の価格は毎年上がり続けている。





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で