オランダなう


オランダなう

オランダ国王のクリスマススピーチ 理性的な姿勢を呼びかけ

オランダ国王のクリスマススピーチ 道理的な共生を

2016-12-26

オランダのウィレム・アレキサンダー国王は、クリスマスのスピーチで、オランダ国民に道理的共生を呼びかけた。

 

オランダ国王は、シリアのような戦争で破壊された地域や、最近のヨーロッパのテロ攻撃で苦しんでいる人々について語った。

 

我々は、極端なものが正常と考えられる時代に生きている、と国王は話す。

「人々は得てして、未来に疑念を持ち、過去を理想的として考えるが、過去は常に人々が思うほど明るいとは限りませんでした。 私たちは問題を公正かつ道理的に見なければなりません。」

「どのようにして私たちの社会を誰もが安全で自分の家だと感じる場所にすることができますか?」と国王は問いかけた。

「問題を一緒に解決していきませんか?」と続け、オランダ社会に対し、誰もが安全に感じる国にしようと呼びかけ、問題を協力的そして平和的に解決するよう求めた。

 

「共生と連帯について良く理解している国があるとすれば、それはオランダだ」と国王は話している。

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で