オランダなう

オランダなう


国王のスピーチオランダ

オランダ国王、クリスマススピーチで国民を気遣う

2015-12-26

ウィレム・アレクサンダーオランダ国王は伝統的なクリスマススピーチを通して、オランダ国民の生活が恐怖に支配されることのないようにと願われた。

国王は特に最近のテロ攻撃と難民危機についてのオランダ人の不安を話題にされた。

私たちは複雑な世界に住んでいると、国王は続けた。しかしながら、私たちが今日直面している問題は、過去の世代が直面した課題より大きなわけではない。

オランダ国民は、その自由で開かれた社会と、無防備な人を保護しすべての声に平等に耳を傾けるオランダの法律を大事にすべきであると、国王は語られた。

これが3度目の国王によるクリスマススピーチとなった。

 

画像著作権: RTL





FOLLOW US