オランダなう


オランダなう

オランダ市民統合テスト合格者は衝撃的に少数

ANP, via RTL

オランダ市民統合テスト合格者は「衝撃的」に少数

2016-04-21

2013年から2015年の間オランダに移住した5万3千人の移民はオランダの市民統合テストに合格する必要があったが、実際には6千人のみだけであった。

社会総務大臣は国会にこれを報告し、テストがまともに稼働していない理由と少数のみの合格数である理由を探ると約束した。

日蘭条約の居住許可での移民には必要なく、またEU市民にも必要ないが、オランダへ来るほとんどの移民はオランダ語で[inburgering]と呼ばれる統合テストに合格する必要がある。

VVD党の国会議員アズマニ氏は、この結果を「衝撃的」とし、統合テストに合格しない人々に行動をとるように政府に促した。例として、福祉給付の権利を失う可能性や、居住許可の更新をさせないなどの政策をあげた。

inburgeringの統合システムは2013年に改変された。専門家によれば、多くの人が合格しない理由の1つとしては、現在このテストにともなう勉強と試験のコストは政府でなく個人での支払いになっていることだとした。

画像著作権ANP, via RTL






bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で