オランダなう

オランダなう


オランダ 年金支給年齢の引き上げは移民に有利

2017-01-13

オランダの年金支給年齢が65歳から67歳に引き上げられる措置は、多くの移民にとって有利となる。

 

オランダでは国籍にかかわらず、オランダに在住する期間にともない、年々、年金受給の権利が増えていく。

国民年金の全額受給資格を得るためには、退職年齢の50年前からオランダに住んでいなければならない。

これは、ほとんどの成人移民にとって、彼らが年金を全額受け取るのに十分な年数をオランダに居住していないことを意味する。

したがって、年金受給者の年齢の引き上げは、移民が年金受給権を築くために、多くの時間を与えるだろう、と国家統計機関は報告する。

 

2005年、移民は平均してオランダ国民年金受給額の75%の権利を取得していた。

2015年には、平均は77%に増加したと、国家統計局は報告している。

 

国民の年金受給額は、現在、国の最低賃金額と追加の2.4%となっている。

 

 





FOLLOW US