オランダなう


オランダなう

オランダ、強直性脊椎炎(AS)の画期的治療薬発見

2015-12-24

New England Journal of Medicine誌に掲載された研究論文によると、アムステルダムAMC病院は、強直性脊椎炎(AS)の患者に最良の治療法を発見した。

強直性脊椎炎とは、関節が炎症を起こす疾患であり、多くの場合奇形につながる。既存薬では痛みや炎症を抑えるが、変形には効果がなかった。

ノバルティス製薬会社が開発した新薬「抗インターロイキン17」では、患者は4週間ごとに注射で薬を摂取する。

強直性脊椎炎疾患を持つ患者はオランダでは約8万人に登る。新薬は、患者あたり年間約7000ユーロの費用となり、現在の薬の約半分のコストになると予想されることを、NOSが報じている。

 

画像著作権: Gezonsheidsweb.eu

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で