オランダなう


オランダなう

オランダ持ち家価格が上昇 販売数も増加で12月は記録的数字となる見込み

2017-12-25

今年11月オランダでは、持ち家価格(新築物件でないもの)が8.2%上昇した。

 

オランダ土地登記簿およびオランダ統計局のデータによると、11月の上昇率は、16年ぶりの上昇率であった10月のものと同様であった。

現在、住宅価格は、2008年8月の経済危機直前ピーク時価のわずか4%のみ下回った数字となっている。

 

今年11月末までに、21万5千軒以上の住宅がオランダで売却され、2016年の同期間に比べて14%増加している。

売られている住宅の数には、州により大きな違いがある。

 

大都市のある州は大変好調だ。

たとえば、11月には、南ホラント州で1,858軒が売却され、北ホラントでは1,267軒が売却された。

 

対照的に、北ブラバントでは495軒が売却され、ゼーラントでは38軒のみしか売却されなかった。

 

前年度の傾向が続く場合、12月には記録的売却軒数となる見込みである。

2015年と2016年の両年で、12月に2万5千軒の住宅が売却されている。

 

人々は、大きな決断を下すために、年の最後まで待つ傾向にあり、また新しい法律、税率、ローン金利が翌年1月に始まることも12月の購入を煽っている。

 

 

 






bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で