オランダなう


オランダなう

オランダ政府、ミニ・シェンゲン圏を検討

2015-11-18

オランダ政府は難民流入を止める目的で、国同士の小さいグループからなる新しい「ミニ・シェンゲンエリア」を検討していると、デテレグラーフ新聞が報告している。

新エリアはオランダ、ベルギー、ルクセンブルグ、ドイツとオーストリアで構成されているが、これまでドイツとの交渉は困難となっている。

ミニシェンゲン圏ではパスポートコントロールと難民キャンプは境界外部に置かれ、ミニ・シェンゲンエリア内に入る前にはチェックが行われる。

現在シェンゲン圏は26カ国から構成されている。これは、人口約400万人に登る。シェンゲン圏内では現在内部国境のパスポート・コントロールはない。

画像著作権: Datastat, via Wikimedia Commons





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で