オランダなう


オランダなう

オランダ新政府 所得税率レベル現行の4つから2つへ簡素化を検討

2017-09-07

次期のオランダ政府は、現行の4つに区分された所得税率レベルを、2つの区分だけに置き換えることを検討している。

 

RTL Nieuwsでは、現在オランダの新政府設立のために交渉中の4政党(VVD党、D66党、CDA党、CristenUnie党)が、所得税制度の大幅な見直しを検討していると報じている。

 

新しい制度の下では、大部分の人々は一定の基本的所得税率を支払うのに対し、高所得者は特定の限度を超えた収入に対し、別の税率がかかる。

 

基本の所得税率はまだ決定されていないが、RTL Nieuwsは35%に落ち着くと予測している。

 

特にこの改革を強く推奨しているのは、キリスト教系2政党のCDA党、CristenUnie党である。

2政党は、この改革では、所得税処理を簡素化することに加えて、新しいシステムが助成金請求の数を減らすと考えている。

 

オランダの家庭の約3分の2は何らかの助成金を手に入れている。

現在、総額は月に10億ユーロを超えている。

 

この新しい税制を導入する費用は、政府に数十億ユーロの負担がかかり、新政府にとってそれほど簡単ではないと、RTL Nieuwsは指摘している。

 

 






bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で