オランダなう


オランダなう

オランダの光熱費

© CBS

オランダ新築住宅 ガス接続廃止の可能性

2018-01-25

今年から、オランダの新築住宅はガスの接続を持たなくなる可能性がある。

 

与党4政党連立政権は、政権を持つ4年の間に、新築住宅へのガス接続を廃止することで同意をしていた。

 

しかし政権は今年中にその変更を実現したいと考えている。

 

現在、新築住宅にガス接続を設置することは必須となっているが、ガスのない住宅を建てることで、地震の原因となっているフローニンゲンのガス生産の需要を減らし、環境にとってより良いものになると見込まれる。

 

ガスの代替は、電気ヒートポンプとスタッズフェルワーミング(Stadsverwarming:地域でのヒーティングシステム)である。

電気ヒートポンプは、土壌、地下水または空気から熱を発生させる。

スタッズフェルワーミングは、地域レベルの暖房システムで、熱は近くの工場などの廃熱から発生させる。

 

4政党連合政権は、代替案が不可能な場合には例外を提出したいと考えているが、環境にやさしい政党のフルーンリンクス(Groenlinks)党は「例外などはない。」と考えている。

 

これらの相違が解決されれば、提案は議会に可決される可能性がある。

 







bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で