オランダなう


オランダなう

オランダ極右党首 差別扇動で有罪判決

© PVVpers, via YouTube

オランダ極右党首 差別扇動で有罪判決

2016-12-10

9日、オランダの右翼政治家ヘルト・ウィルダース氏は、モロッコ系オランダ人に対する人種差別扇動で有罪判決を受けた。

PVV党の指導者であるウィルダース氏は、反イスラムと反移民のイデオロギーで有名である。

彼は2014年3月PVV党の集会で「減らせ。減らせ。」と反モロッコ人コールを呼びかけた行動で非難された。

集会では、ウィルダース氏は支持者に対し、「オランダのあなたの街にモロッコ人の数を減らすか、増やすか。」どちらを希望するかと質問を投げかけた。

 

群衆が、「減らせ!減らせ!」と答えると、 笑いを浮かべたワイルダーズ氏は、「私たちにまかせなさい。」と答えた。

 

判決により、ウィルダース氏には犯罪履歴がついたが、裁判官は彼に刑罰は与えなかった。

 

ウィルダース氏の弁護士は、判決を不服として上訴すると述べている。

判決の後、ウィルダース氏は「オランダは病気の国となった。 私を有罪とした裁判官は、何百万人ものオランダ人の、言論の自由を制限しています。」と、動画サイトYouTubeに投稿している。

 

 

画像著作権:  PVVpers, via YouTube





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で