オランダなう

オランダなう


オランダの派遣社員 新制度で住宅ローンの取得が可能に

2017-07-05

オランダの派遣社員は、新しくできた「perspectiefverllaring」制度の恩恵により、家を買うための住宅ローンを組むことが可能となった。

 

通常、住宅ローンを取得するには、収入の根拠の証明としての恒久的な雇用契約、または個人事業主の場合は、自身の事業からの少なくとも3年間の収入履歴証明が必須である。

上記に当てはまらない派遣社員にとっては、住宅ローンの申請は難しい事実があった。

 

Randstad雇用組合は、1社の派遣代理店を通じて少なくとも1年以上働いたことのある人のために新しい perspectiefverlaring というシステムを作り出した。

 

perspectiefverllaring では、さまざまな要因に基づいて、申請者の将来の雇用の可能性や、職業機会の分析または予測をする。

また、申請者の履歴書、経験、参考文献、過去のレビュー、個人的なインタビューから、厳しく判断する。

 

簡単に言えば、perspectiefverlaring は、銀行やその他の貸付機関に、派遣社員の申請者にとって証明不可である過去の所得の履歴ではなく、申請者の将来の所得の可能性を評価して提出するものだ。

 

しかし、perspectiefverlaring は住宅ローン契約を保証するものではない。

銀行その他の貸出機関は依然として、申請者の信用履歴などの個別の状況を調査する。

 

 

perspectiefverklaringについての詳細は公式ウェブサイトまで。





FOLLOW US