オランダなう

オランダなう


海岸線の補強工事オランダ

© Wilfrid, via SPUR

オランダ海岸線 巨大嵐に備え再工事完了

2016-11-08

オランダの海岸線は、10箇所を補強する大きな再工事の後、再び巨大な嵐に耐えられる十分な強さとなった。

 

AD新聞は、建設プロジェクトは、昨日、ゼーラント州西部の海岸線10キロメートルの強化が終わったことで、完了を報じた。

ゼーラントは、1953年に巨大嵐がオランダを襲った際、最も苦しんだ場所の一つであった。

 

2003年には、輸送機関Rijkswaterstaatの研究からは、海岸を打つ波のパワーが以前に想定されていたよりも大きかったことが判明した。

 

技術者は、嵐は、より頻繁に、より強力に襲うことが予測されるため、砂丘や堤防の一部に補強が必要だと推奨していた。

 

プロジェクトの総費用は、政府の統計によると6億60ユーロとなり、予算を4500ユーロ程下回った。

 

メラニー・シュルツ大臣は、「巨大嵐の可能性は、100年に1度とされている。」 「それは悪いオッズのように見えるかもしれないが、防御の施設なしではダメージは1,000億ユーロ以上との支出となるだろう。」と話した。

 

画像著作権: Wilfrid, via SPUR





FOLLOW US