オランダなう


オランダなう

オランダ生活保護受給者数8年連続増加 主に難民

2017-02-28

オランダの生活保護受給者の人口は2016年に18,000人増加し、合計46万7,000人に達した。

オランダ国家統計機関によると、保護を受けて生活している人の増加は8年連続である。

 

増加の大部分は、西洋系ではない移民、主に難民が占めていた。

オランダ人と西洋系の人々福祉対象の人々は、2016年にわずかに減少した。

 

平均して、オランダ人は1000人あたり41人が生活保護を受けている。

大都市圏(10万人以上)の中で、ロッテルダムは生活保護の受給率が最も高く、(1,000人あたり96人)この数は、全国平均の2倍以上である。

 

レーワルデン、ハーグ、アーネム、エンスヘーデはトップ5に入った。

ウェストランドは最下位であった。





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で