オランダなう


オランダなう

オランダ税務当局の問題は進展見られず

2017-12-09

オランダ国税庁(Belastingdienst)の問題はまだまだ片付いておらず、ほとんど進展は見られていない。

これは、税務調査委員会(CoB)による調査の結果である。

 

今年の初めに、CoBは、オランダの税務当局は、内部的な混乱を修正しなければ、将来的に税金を徴収することができなくなると警告した。

 

CoBは改善のためにいくつかの提案を行なったが、最近の調査ではこれらが十分に実施されていないことが判明した。

国税庁は、2015年にInvesteringsagenda という計画を開始し、これには組織のITシステムを近代化し、税収をより効率的にするためのさまざまなプロジェクトが含まれていた。

しかし、これらのプロジェクトの60%が遅れているか、またはキャンセルされていた。

 

国税局の監査部署と税務部署は、ともに、まだ多くのことがやり残しがあることを認めている。

 

CoBは、改善がなされる前に、国税庁内の風習が変化しなければならないと考えている。

国税庁に存在するさまざまな部署は相互で、「同じ言語を話すことを学ばなければならない」、「それにより実際の仕事をする人と、税務機関を管理する人々が互いに理解できるようになる。」と指摘している。

 

 






bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で