オランダなう


オランダなう

オランダ 約1万5千軒の難民用住宅を用意

2016-07-05

オランダの住宅提供企業らは、今後3年間で難民1万4,600人のための住宅を新規建築または改築することを計画している。

オランダの各役所では、今年中に4万6,400人の難民に与える住居を探さねばならず、NRC新聞は政府が苦戦していることを報じている。

 

今年 6月までには、難民のわずか1万8,000人あまりに住宅が与えられている。

今年、オランダで利用可能な公共住宅の合計14%、または28,000軒の住宅は難民の人々が居住する。この数は昨年の倍となっている。

 

公共住宅企業の20%は政府の支援を受け、オランダの滞在許可をもつ難民申請者のための住宅を作る。

公共住宅提供企業の中には、この計画の実行に積極的ではないところも少なくない。難民のための住宅は、賃料の限度が設けられていたり、1室は4人以上の入居とする等、細かい条件が定められていることが理由である。

画像著作権: NRC

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で