オランダなう

オランダなう


オランダの賃貸物件

オランダ賃貸物件の家賃が急激に上昇 都市部以外でも

2017-05-09

オランダの民間の賃貸物件の家賃は、非常に急速に上昇しており、この上昇は主要都市だけではない。

 

賃貸物件掲載ウェブサイトParariusの調査によると、今年の最初の3ヶ月間で、オランダ全国の平均賃料は1平方メートル当たり14.70ユーロであった。

これは2016年の同期間と比較してほぼ10%の上昇となっている。

 

この上昇は新しい賃貸契約の家賃に関してであり、すでに賃貸物件に契約居住している人々の家賃には当てはまらない。

 

50〜75平方メートルの小さな物件賃料は比較してもっとも高額となっており、また賃料の最大上昇が示された。

小さな物件を借りる人は1平方メートルあたり平均18.73ユーロの家賃を支払っており、前年比の上昇は約14%となっている。

 

75〜100平方メートルの家屋の場合、家賃は1平方メートルあたり15ユーロである。

大きな家は、1平方メートルあたりが数ユーロ安い計算となる。

 

最も高価な賃貸都市はアムステルダムで、1平方メートルあたり月平均26.48ユーロである。

たとえば、60平方メートルの賃貸物件の家賃は約1,600ユーロだ。

 

大都市は高価であるため、郊外はますます人気が高まっているが、賃料も着実に上昇している。

例えばアムステルダム近郊のザーンダムでは、賃料は昨年より24.6%上昇した。

他の郊外のほとんどの地域では、賃料は約15%上昇している。

 





FOLLOW US