オランダなう


オランダなう

© SPS Media, via NOS

オランダ 過去50年でもっとも深刻な嵐 3名死亡

2018-01-19

昨日18日過去50年間で最も深刻な嵐がオランダを襲ったが、その後人々の暮らしは徐々に正常に戻っている。

 

オランダ気象庁は18日の嵐を1970年以来8番目に強い嵐と位置づけた。

最大120キロメートルの風が国を襲い、木々、建物、乗り物に深刻な被害をもたらした。

 

この嵐の影響による倒木で2人が死亡した。

また、運転中のバンが反対車線に吹き飛ばされ衝突事故が起き、この運転手が3人目の犠牲者となった。

 

保険会社は損害賠償額について5,000万ユーロを容易に超えると予想している。

賠償額合計の具体的な数字は19日に公式な発表があるとみられる。

 

オランダ鉄道NSは18日夜、駅で待機を強いられていたすべての人々は、列車がゆっくりとスケジュールに戻ることにより帰宅できるようになると発表した。

 

ネットワークの一部はまだ閉鎖されているが、NSは今日19日通常の運行を予告している。

 

昨日、スキポール空港では100便以上がキャンセルされ、空港の一部は風の被害でで閉鎖されていた。

フライトスケジュールは、すこしづつ通常通りとなる予定だが、空港では今日19日は通常よりも混雑している可能性があると乗客に警告しており、一部のフライトはキャンセルされる可能性がある。

 







bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で