オランダなう

オランダなう


オランダ 郵便切手は値上げ 配達業務の日数をさらに減らす必要

2017-07-10

 オランダの経済省は、郵便切手は値上げが必要であり、配達業務の日数はさらに縮小されなければならないと述べている。

 

同省の調査によると、人々の郵便利用は過去数年間で減少し、現在は通信方法の手段で6位になっている。

 

WhatsAppは、オランダで最も人気のあるコミュニケーション手段であり、続いて携帯電話と電子メールである。

 

郵便事業は、郵便サービスを正常に運営し続けるためには、すぐに改革する必要があると経財相大臣は述べており、改革をしなければ、国内切手の基本料金はさらに値上げが進み、2020年までに1ユーロにまで上昇するだろうとしている。

 

提案の1つは、配達業務を行う日を週2または3日に減らすことである。
すでに2014年には、週6日から現在の5日に縮小されている。

 

また、その他の提案には、小包やピザの配送などの、その他の配送サービスと手紙の配送を組み合わせるというものもある。

すでにいくつかの場所で試行されている別の提案では、特定の場所での手紙と小包の自己引き取りである。

 





FOLLOW US