オランダなう


オランダなう

オランダ鉄道日本スタイルの乗り降り

© ANP, via NOS

オランダ鉄道NS 混雑電車で返金するよう訴えられる

2017-01-26

オランダの鉄道会社NSは、混雑した列車で被害を受けた乗客に補償返金するよう、Consumentenclaim(消費者保護団体)によって裁判所に提訴されている。

 

列車の混雑により、次の列車を待たなければならなかったり、列車内で長く立たされたりした10,000人以上の乗客の代理人として提訴すると、この団体は主張している。

 

Consumentenclaimによれば、NS社と1年間、これらの問題を解決し乗客に補償をすることについて議論してきたが、進展はなかった。

 

NS社では、オランダ経済の成長が列車の混雑につながっていると反論する。

NS社は改善のため、新しい設備に25億ユーロを投資し、去年12月には新しいスプリンター列車26台が追加され、今年はさらに30台の追加が計画されている。

鉄道会社NSはまた、インターシティー列車は15分以上待つ必要がないと主張している。

 

しかし、Consumentenclaimは、ユトレヒトーアムステルダム・ザイド線では20分以上の移動で、乗客の半分以上が15分以上立ち続けなけらばならず、列車が満員のため多くの乗客は次の列車を待たなければならない証拠があると述べている。

 

画像著作権© ANP, via NOS

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で