オランダなう


オランダなう

オランダ 銀行ローンなしでの住宅購入増加 3分の1は現金決済

2017-07-03

オランダでは、より多くの人々が銀行のローンなしで住宅を購入している。

 

オランダの土地登記簿によると、2016年に売却された住宅とアパートの約3分の1が現金で決済された。

現金購入者のほとんどは、投資家、70歳以上の高齢者、または「doorstromers」と呼ばれる(住宅の売買を繰り返して生活する)人々であった。

 

2011年には、40億ユーロ相当の家屋とアパートが、銀行ローンなしで購入された。

 

2016年にその総額は86億ユーロに増加している。

アムステルダム、ロッテルダム、デンハーグでは、住宅やアパートの25%は、銀行の貸付なしで購入された。

デルフト、フローニンゲン、マーストリヒトのような小規模な学生街では、ローンなしでの購入は約30%となっている。

 

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で