オランダなう


オランダなう

© RTL Z

オランダ 電気料金請求書が不明瞭 電気供給40社が指導を受ける

2017-11-14

オランダの電気料金請求書は、ほとんどの人にとって理解不可能である。

オランダの消費者市場組合(ACM)は、大多数の電力会社の請求書は非常に不明瞭であり、消費者にとって内容を慎重に確認することは難しいと述べている。

 

ACMは、40社の電気会社に対し、7月1日までに消費者が理解しやすいように請求書を修正するよう指示した。

40社のうち、最近行われたチェックに合格したのは16社だけである。

21社には、請求書を改善するように再度警告され、うち3社は悪質と判断されACMによって罰金が科された。

ACMは会社の名前を公表していない。

 

日本とは異なり、オランダでは各家庭は毎月毎年の使用量の見積もり額を支払う。

その後、年度末に電気会社は実際の消費量が計算され、不足分を支払うまたは超過支払い分の戻りを受け取る。

 

オランダの電気会社システムの良い点は、各家庭で多くの電気会社から自分の契約先を選べる点である。

より安い料金の会社へ変更したい場合は、価格ポリシーをよく理解する必要がある。

一部の企業では毎週消費量を見積もるが、毎月請求書を送付しているため、実際のコストを把握することが難しくなっている。

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で