オランダなう


オランダなう

オランダ 貯蓄口座への金利切り下げ 各銀行の対応は

2017-03-23

オランダの銀行貯蓄口座の金利は0%または、それ以下のマイナスになり得るのか?

 

Triodos銀行では3月21日、貯蓄口座の金利を0%に引き下げることを顧客に通知した。

同銀行は、この動きは、ヨーロッパの歴史的に低い金利による収入の減少の結果であると述べた。

 

今年5月1日から、スイスの投資銀行UBSは、100万ユーロ以上を保有するユーロ口座に対して0.6%のマイナス金利を請求する。

 

オランダの各銀行でも同様の措置が取られる可能性があるのだろうか?

RTLニュースでは、この問題についてオランダの4大銀行に話を聞いた。

 

ラボバンクは、将来について事前の判断を下さないと返答した。

ラボバンクでは最近、貯蓄金利を0.25%から0.20%に引き下げた。

 

ABNアムロも、貯蓄口座の金利は最近の切り下げで、同様に0.20%となっている。

ABNアムロも将来の予測はできないと述べたが、マイナス金利を懸念する必要はない、とした。

 

金利は0.25%であるING銀行も、未来については何も語れないとしたが、金利が0まで下落する可能性を完全には否定しないが、金利をマイナスにする予定はない、とした。

 

0.4%を与えるSNS銀行は、マイナス金利の可能性は非常に低いと語った。

 

貯蓄口座に0.6%の最高金利をつけているのは、ASR銀行である。

 

オランダの金利は、各銀行で対応が違うことがうかがえる。

このウェブサイトでは、すべてのオランダの銀行の金利を比較することができる。

今後の動向をチェックしていきたい。

 

 

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で