オランダなう


オランダなう

オランダ IT 医療 建築分野での深刻な人材不足

2017-05-31

オランダは、IT、医療、建築分野での人材不足問題に直面しており、これらの分野での成長に危機をもたらしている。

 

これはオランダ政府の雇用組合UWVによる最新の雇用市場レポートによるものである。

 

これらの3つの分野は現在、オランダで強く成長しており、そのためますます適格なスキルを持つ人材が必要となっている。

建築分野の求人は2年間で2倍以上に増え、医療分野の求人でもほぼ倍増となっている。

建築分野では、熟練した大工、レンガ職人、技術者の不足が目立っている。

医療分野では、資格のある看護スタッフが一番不足している。

 

オランダの建設と医療の分野では、2008年の景気後退中に大打撃を受けた。

その結果として、これらの分野における研修プログラムと見習い制度の削減につながった。

そして、多くの高齢労働者が定年を迎えている現在、代わりとなる若い世代の適任人材がいないという現状である。

 

一般的に、雇用の数は、金融サービス分野と政府サービスを除いて、オランダの経済のすべての分野にわたって増加している。

 

UWVは、失業給付を請求する人の数が来年末までには10万人減少し、31万1千人になると予想している。

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で