オランダなう


オランダなう

バスの現金支払い停止を計画

2016-02-13

オランダの交通機関の多くは、セキュリティ上の理由のためにバス内の現金支払いを中止したいと考えている。

アムステルダム市内のバス、トラム、メトロのネットワークを運営するGVBでは、夜間のバスで1時間用チケットの販売を停止すると発表した。
高価な1時間のチケットの販売中止でバス内の現金の量が大幅に少なくなり、結果的に強盗の可能性が低くなる。

バス会社「Connexion」と「Arriva 」もバス上のキャッシュレスサービスを計画している。ゴーダとロッテルダムの両市はスマートフォンで支払いができるシステムを試験導入している。

だがしかし、アムステルダムの市長は今年中にキャッシュレスシステムに移行させるのは難しいと考えており、毎日GVBを利用する75万人の乗客が不便しないように代替え案を考えたい、としている。

 

画像著作権: ANP, via NOS





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で