オランダなう


オランダなう

ベーシックインカム導入の実験都市が増えるオランダ

2015-08-07

ベーシックインカム試験導入が始まるユトレヒトに続き
オランダのいくつかの都市ではベーシックインカムの導入の実験が検討されている。ユトレヒト市が、ユトレヒト大学の研究者と共同でベーシックインカムの試験的導入を始めることを今年6月発表した。実験は今年の夏休み後に開始される。

ティルブルフ市も4年間のベーシックインカム導入実験を行うことを発表した。同様に、フローニンゲン、マーストリヒト、ゴーダ、エンスヘーデ、ナイメーヘン、ヴァーヘニンゲンの都市でも前向きにベーシックインカム導入の実験を検討しており、さらに10以上のオランダの都市がベーシックインカムのコンセプトに興味を示している。

ベーシックインカムとは
支持者によれば、ベーシックインカムとは、均一に与えられる収入が生活費をカバーすることで、人々を義務的な労働から解放し、自由に選択する労働時間や、ボランティアの仕事、勉強などを与えることができるというコンセプトである。追加で稼いだ収入は所得税対象となる。大きな利点としては、このコンセプトの導入で、税金や福利厚生の仕組みがとてもわかりやすく実施しやすいものになることだ。

政府がユトレヒトの計画を許可すれば、福利厚生受給者全員はベーシックインカムに参加希望かどうかを聞かれることになる。

 

記事の引用元はこちらFD.nl






bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で