オランダなう


オランダなう

ユトレヒトUMC大学で間違った精子を使った体外受精

2016-12-28

オランダ、ユトレヒトのUMC大学病院は、体外受精の過程で、26人の女性の卵子に間違った精子を入れた可能性があることを認めた。

 

実際に起こった可能性は非常に小さいものの、否定することはできない、と同病院は声明で述べている。

 

この医療行為ミスは2015年4月から2016年11月までの間になされ、問題の可能性のある受精卵を使用した女性の半分は妊娠しているか出産している。

他の13人の女性の受精卵は、将来の使用のために凍結されている。

病院は関係するカップルに告知を行い、彼らにDNA検査を提供した。

 

同病院は、治療に関連する器具の1つが適切ではなかったため、問題が発生したと指摘し、これが「人為的ミス」であると付け加えた。

前の処置からの精子の一部が装置内に残っていて、次の回の卵子に混入した可能性があるとされる。

 

同大学病院はその後、再発防止のための措置をとっている。

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で