オランダなう


オランダなう

ラボバンク 口座名義人と口座番号の合致のチェックを開始

2017-09-05

ラボバンク(Rabobank)は、銀行振込の際に、口座名義人と口座番号が一致していることのチェックが可能となるシステムを導入開始した。

ラボバンクによると、毎月約1,300件の取引で名前と口座番号が一致していない。

これは、通常、顧客がスペルミスをしたときや、過去の銀行口座番号に送金したときに発生する。

 

オランダでは、顧客が入力した口座名義人名が間違っていても、入力した口座番号へ振込が可能である。

 

新しいシステムでは、コンピューターが、顧客の入力したスペルが間違っていると認識すると、正しい口座名義人名を提案する。

名前が完全に異なる場合は、エラーメッセージが表示される。

 

しかし、システムはエラーがあっても振込をブロックはしないので、顧客は自己リスクで、先へ進み送金することが可能である。

 

その他の銀行では、ラボバンクの技術を使って今後数ヶ月で同様のサービスを開始する予定だ。

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で