オランダなう


オランダなう

リオ五輪 オランダ体操選手 飲酒で帰国処分

2016-08-10

リオ五輪の体操男子種目別つり輪で決勝進出が決まっていたオランダのユーリ・ファン・ヘルダー選手は、選手村外での飲酒をし、オランダ選手団からの除名処分を受け、オランダに帰国した。

ファン・ヘルダー選手は、6日に行われたつり輪の予選を7位で通過し、決勝に進出していた。

 

同選手は選手団の厳しいルールを破り、土曜日夜にオリンピック村を離れ、リオデジャネイロに飲みに繰り出し、日曜日の早朝まで戻らなかった。

オランダ選手団は、除名は非常に難しい決断だったが、ファン・フェルダー選手の行動は受け入れられなかったと、声明で述べている。

VUアムステルダム大学のオルファー・マリアン法学教授は、RTLニュースに、選手らは飲酒をしないとする内容の契約を結んでいないと語り、強力な法的根拠がない限り、チームのうち誰かを出場禁止にするのは容易ではない。

 

ファン・フェルダー選手は、過去3つのオリンピック代表選抜に漏れ、今回のリオ五輪へは33歳にして念願の出場であった。

しかし、選手の問題行動は初めてではなく、2009年にはオランダ体操選手権での検査でコカインの陽性反応が出たため、1年間の大会出場停止処分を言い渡され、依存症治療を受けていた。

 

画像著作権: EPA, via NOS





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で