オランダなう


オランダなう

レストランでの喫煙禁止で低体重の新生児数が減少

2016-04-23

レストランやカフェでの喫煙禁止とたばこ増税が、オランダの新生児を健康に導いている。

ロッテルダムのエラスムス医療センターからの報告書では、レストランやカフェでの喫煙禁止とたばこ増税が2008年に導入された後、低出生体重と未熟児が少なくなったことを示している。

オランダでの公共の場所での喫煙と赤ちゃんの健康状態のつながりの研究が行われたのは初めてのことだ。

研究者では2000年から2011年の間に生まれた200万人以上の新生児を対象とした。研究では2008年にオランダで導入されたレストランやカフェでの喫煙禁止と、タバコの増税後、低出生体重の赤ちゃんの数に4から5%の低下が見られた。

研究者は、この低下の原因の一部は、妊娠中の女性がレストランでの受動喫煙がないことで説明されるとした。しかし、その他の研究結果からは、この2008年のタバコ政策導入の後、人々の習慣も変更されたことを示している。家庭においての喫煙も減り、妊娠中の女性の喫煙も減少がみられる。

今後の研究では、研究は子供の呼吸器系に対する喫煙の影響を探る。





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で