オランダなう

オランダなう


オランダ避妊ピル強制

ロッテルダム 問題のある女性に避妊ピルの服用強制

2016-10-01

ロッテルダム市では、問題のある若い女性から生まれたことにより苦しむ子供を作らないように、避妊ピル服用強制を希望している。

ロッテルダムの自治体、婦人科医トップの数名、弁護士、ソーシャルワーカーは協力して、安全かつ健康に子供を育てることができない若い女性に避妊を強制する法律を実施したい考えであることを、オランダのメディアが報じている。

 

対象になるのは、精神的な問題や、薬物/アルコール中毒を抱えている女性を含んでいる。

多くの場合、問題を抱える女性の子供は不健康に育っていたり、育児放棄など、子供自体も犠牲となっている。

 

Volkskrant新聞は、オランダの約250人のまだ生まれていない赤ちゃんは、問題のある母親の状況により、政府の監視下にあることを報じている。

 

先月ロッテルダムでは、160人の女性が避妊ピルの服用に合意した自主的なプログラムを開始した。

ティルブルフ市でも同様のプログラムが行われ、結果は非常に成功となっている。

 





FOLLOW US