オランダなう


オランダなう

オランダの保護者の4割強は16歳での飲酒を支持

2016-05-08

約42%の保護者は、飲酒可能年齢制限を18歳から16歳に引き下げるべきだと考えている。

研究では、アルコール摂取が若年者の脳の発達のために悪影響を及ぼすことを示したことを受け、2014年1月1日以降オランダでの飲酒可能年齢は16歳から18歳に引き上げられた。

RTLニュースが依頼をしたDVJインサイツの調査では、4歳から17歳の子供の両親1000人を対象に、「現在の飲酒可能年齢についての意見」を質問した。

41.8パーセントの両親、特に母親が、ワイン、ビール、アルコール5%未満のカクテルは、飲酒可能年齢は16歳に戻すことが可能だと回答した。親の87%が14歳では飲酒をすべきでないと回答した。

71%は、15歳は飲酒をすべきでないと回答し、16歳や17歳の飲酒は少数が飲むべきでないとし、保護者の過半数以上が16歳での飲酒が悪いと思わないとした。





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で