オランダなう


オランダなう

南ホラント州の水道水に化学物質の混入が懸念 現在調査中

2017-04-14

州都をハーグとする、オランダの南ホラント州では、飲料水への化学物質廃棄物の混入が懸念されている。

 

州政府とインフラの公的機関 Rijkswaterstraat また、水道会社 Oasen社は共同して、化学会社 Chemours社 に対し、廃棄水中の化学物質GEnXの量を減らしてメルウェーデ川に流すように要請していた。

 

化学物質GenXはテフロン加工の製造に使用され、発癌物質であるPFOAまたはC8と呼ばれる別の化学物質を発生させる。

米国での以前の研究では、GEnX自もが発癌性である可能性があることが判明している。

 

この科学物質は、南ホラント州のいくつかの地域の水道水から発見されている。

 

Chemours 社の方では懸念を軽視していたが、GenXの廃棄量を半分に減らすことに同意していた。

 

同州は以前、年間6,400キロの廃棄許可証を発行していたが、今後許可を変更したいと考えている。

 

現在オランダの公共衛生機関RIVMによるGEnXの調査が進行中であり、結果は数週間で出ると予想される。

 

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で