オランダなう


オランダなう

オランダ鉄道日本スタイルの乗り降り

© ANP, via NOS

国鉄NS、3億9千万円の投資で改良も席の保証はなし

2016-03-02

オランダ国営のNS鉄道は、次の7年間の改良計画に300万ユーロ(約3億9千万円)の投資を行っている。

このNSの改良投資には新列車の入れ替えや、駅情報や無線LANなどの施設の充実化が計画されている。

NS社の最高経営責任者(CEO)は、運行列車の三分の一が新しいものと交換されることを発表した。

国鉄NSのCEOはまた、最近多い、2等級の乗車チケットの乗客に十分な席の確保がないという苦情に対応して、改良でより多くの座席は確保されるが全員の座席の保証はできないことを指摘した。「ラッシュアワー時は、全員の座席の確保が保証されることは今も将来も有り得ないことだ。そのことによる返金は受け付けることができない」とした。

国有会社であるNS鉄道会社は、最近の発表で、中核となる事業に焦点を当て、駅売店やバス事業については売却する以降を示している

 

画像著作権: ANP, via NOS





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で