オランダなう

オランダなう


varからdbaに変更、オランダのフリーランサー

新DBA法で多くのフリーランサー契約消滅 改定の署名

2016-11-01

新DBA法は雇用主を及び腰にさせ、多くのフリーランサーの仕事がなくなっている。

 

今年5月に施行されたDBA法では、多くのフリーランサーに取って仕事を会社からもらうのを困難にし、職を辞める人々も出てきたと、Trouw新聞が報じている。

報道は、ABNアムロ銀行と、民間の職業紹介組合 ABU、また個人事業主/フリーランサーの組合 ZZP Nederlandによって提供された統計の主張に基づいている。

 

ABNアムロの調査によると、今年第2四半期には個人事業主/フリーランサーの数は、去年同時期に比べ5000人少ない。

また、ABUによって行われた調査によれば、フリーランサーの4%が契約を失ったことを示し、ZZP Nederland は、10人のフリーランサーのうち1人は仕事を失ったと述べている。

 

新DBA法の目的の一つは、虚偽の個人事業主雇用を廃止することであり、不正を防ぐためのものである。

虚偽の個人事業主は通常、クライアントは1社だけで、多くの場合以前の雇用主となっている。

2014年にZZP Nederland では、13人のフリーランサーのうち1人、または全体の約7.7%が虚偽の個人事業主と数を把握していた。

 

しかし、新しい法律の実施は、本来のフリーランサーをも傷つけている。

ZZP Nederland の会長は、税務署が十分な情報を提供せず、DBA契約を処理するにあまりにも時間がかかりすぎていると述べた。

このことが、企業にとってフリーランサーを雇うことを恐れさせている。

 

ZZP Nederland  では、すでに3年後に再検討される法律を変更する請願書の作成を開始した。

3000人以上の人々がすでに署名している。





FOLLOW US