オランダなう


オランダなう

日本人のオランダ労働許可が不要に

2015-03-12

オランダ政府は、「日蘭友好通商協定(The Treaty of Trade and Navigation between the Netherlands and Japan)」をもとに、日本人はオランダで労働許可が必要なしで自由に働けるという判断を下した。これにより日本国籍保有者はオランダでの就労アクセスがぐっと身近になった。

  • 日本人、日本国籍者には「自由に労働が可能な居住許可(Residence Permit “work freely permitted – work permit (TVW) not required”)」が交付される。
  • 雇用:日本国籍を保有する場合、オランダの労働市場へ自由にアクセスできる。日本国籍者の場合、知的労働者手続きを経る必要がなく、またオランダ雇用主は、スポンサー企業登録の必要がない。
  • 起業する場合:オランダ国内で被雇用者となる予定はないが、起業をしようとする場合、起業家もしくはフリーランスとしての滞在許可を取得出来れば、自営業のほかに、副業で誰かに雇用される、パートで働くなども自由に出来るようになった。
  • 家族:日本人がオランダで雇用されたり、起業する場合、その家族は自由にオランダの労働市場へアクセスし、オランダ国内で職を見つけることが可能。
  • 現在保有する滞在許可:既にオランダでの被雇用者または起業家として滞在許可を所有する場合、申請することで、制限が消滅し、自由にオランダ内にて就労可能。

これにより、オランダへ移住を希望する日本人に対してぐっと道が広がったわけだが、次はオランダ在住のメリットを紹介しながら、実際にオランダに住むためのイメージをお伝えしよう。

オランダ移住、その他の記事はこちら





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で