オランダなう


オランダなう

汚染卵のニュースでオランダのスーパー 卵不足

2017-08-08

化学物質フィプロニルに汚染された卵の事件により、オランダのスーパーマーケットで卵不足が起こっている。

 

スーパーマーケットは、殺虫剤汚染の卵のニュース後、フィプロニルで汚染された卵を回収して廃棄を行なっている。

 

食品小売業協会CBLは、安全な卵を手に入れようと努力していることをTelegraaf新聞に語っており、来週には供給が正常に戻ってくるだろう、としている。

 

オランダの食品生産者協会FNLIは、マヨネーズやケーキなどの卵系製品を市場から排除する必要はないと述べている。

たとえ汚染されていても、量が少なすぎて健康上のリスクがないからというのがその理由だ。

 

フィプロニルは、ドイツ、イギリス、フランスで販売されている卵の中にも混入が発見されている。

これらの卵はオランダ産である。

 

オランダの食品安全機関NVWAは、フィプロニルが鶏肉に含まれているかどうかを調べるために検査することを発表した。

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で