オランダなう

オランダなう


犯罪率減少で安全になったオランダの都市部

2015-11-27

オランダの都市部で犯罪被害者になる可能性は現在、農村部のものとほぼ同じくらい低く実際に人々は全を感じていると、国家統計機関CBSが報告した。

警察は2014年、2013年に比べて8%少ない犯罪率を記録した。これは過去10年間で最も急激な落下となった。特に窃盗、強盗、強盗、暴行の犯罪ケースが減少した。

2006年から2014年の間では犯罪の数は23%減少となり、これは特にロッテルダム、ユトレヒト、ハーグの地域で顕著である。これらの地域の犯罪発生率は現在、ゼーラントのような人口の少ない地域と同様の約20%であると、CBSは述べる。

最大都市であるアムステルダムでは、2014年にまだ30%程度と、最も高い犯罪率となっているが、2006年の40%以上の犯罪率からは大きく減少している。

画像著作権: CBS





FOLLOW US