オランダなう

オランダなう


オランダの赤ちゃん、半数は未婚の両親を持つ

2016-05-23

オランダの赤ちゃんの約半数は、未婚の両親のもとに生まれている。

未婚カップルが子供を持つトレンドはオランダで1990年代に始まった。

オランダ国家統計局では、2014年と2015年に生まれた赤ちゃんの約44%が未婚の両親を持つことを報告している。赤ちゃんが第一子の場合には未婚の両親は52%であった。しかしながら、90%の例では子供の父親は明らかであり、出生証明書に名前が記載されている。

報告ではまた、未婚の両親と赤ちゃんの割合は地域によって変化することを示している。例えば、ユルクやスタップホーストなどオランダで宗教が強い地域では、未婚の両親を持つ赤ちゃんは10%未満であるが、フローニンゲン州では約60%となっている。

1980年以前には子どもたちの95%以上は、結婚しているカップルか、公式登録されたパートナーの両親のもとに生まれている。 2000年には75パーセントに低下し、2008年には60%未満に低下した。

画像著作権: CBS

 





FOLLOW US