オランダなう

オランダなう


違法な宗教的児童婚の推定数250人

2016-02-12

オランダの「児童との違法な宗教的結婚」に関する新しい報告書では、毎年18歳未満の子ども約250人が結婚させられていると推測している。

フェルバイ-ジョンカー研究所とマーストリヒト大学の研究者による報告書は、政府の社会問題省の代行として作成された。

研究者達は、この数は2013年と2014年の間の期間に調査され、ソーシャルワーカー、移民関係者や他の専門家の証拠に基づいた「推測」であると述べた。

ほとんどの場合、児童との結婚は海外で行われ、いくつかのケースでは子供たちがその国に残されているため、正確な数字を確立するのは難しい。それ以外のケースでも結婚の儀式は、オランダ当局の視界の外である閉じられたコミュニティ内で行われている。

報告書では、違法な宗教的児童婚の多くはアフガニスタン人、ソマリア人、スリナム人のコミニティで行われており、イラン人とパキスタン人のコミニティでも同様だと推定される。この違法児童婚に巻き込まれている多くの子どもは16歳と17歳である。

オランダでの結婚の法定年齢は18歳であり、宗教的な結婚の儀式は正式な結婚とは見なされない。オランダでは、外国人の18歳以下の結婚については認められず、両方のパートナーが18歳の年齢に達するまでは婚姻関係を認定されない。

 





FOLLOW US