オランダなう


オランダなう

銀行預金残高の過剰引き出しに注意 12月1日から記録開始

2016-10-20

今年の12月1日から、銀行口座の預金残高よりも少しでも多い引き出しをすると、通常ローンや住宅ローンの取得金額に影響が出る。

 

オランダの信用登録機関BKRでは当座貸越の記録を開始する。

これにより銀行口座の所有者が経済的に赤字ではなくても、過剰引き出しをした場合には記録に残ることになると、NOSが報じている。

 

また、クレジット利用の記録も現在の500ユーロから250ユーロへと引き下げる。

現在はBKRに記録されるクレジッド利用額は、3ヶ月以上支払われない利用残額の500ユーロ以上となっている。

12月1日からは、1ヶ月以上支払いが残る250ユーロ以上については全て記録される。

これは、与信がついたデパートのカードやクレジットカード、当座貸越を含んだものとなる。

 

オランダの銀行およびその他の信販会社らは、クライアントが大きな住宅ローンやその他のローンの取得が財政的に可能であるかどうかをチェックするためにBKRを利用している。

 

ING銀行と住宅所有者協会VEHは、すでに、BKRの記録につながるため当座貸越、過剰引き出しに気をつけるように顧客に警告している。

 

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で