オランダなう


オランダなう

難民の屋根裏部屋で行われるマリファナ栽培

難民の屋根裏部屋で行われるマリファナ栽培

2016-11-01

オランダのマリファナ(大麻)犯罪組織は、難民をターゲットにし、自宅でマリファナ栽培を行わせている。

 

De Volkskrant 新聞によれば、犯罪組織は、賃貸住宅に住む難民にマリファナを違法に栽培させている例が多くあると報じている。

難民は弱い状況にあることから、犯罪組織からの影響を受けやすいと言う。

 

オランダのマリファナの業者の多くが集中しているブラバント州東部の警察は、難民の屋根裏部屋でのマリファナの栽培を度々発見してきたと述べた。

そしてトウェンテの警察は、外国人のマリファナ生産者の増加を報告している。

 

De Volkskrant 新聞では、難民センターに居住していたシリア難民の男性の話を紹介している。

難民の男性は、病気の母親を国に戻す際、ある男にお金を貸すと言われたと言う。その後、難民男性が賃貸住宅を与えられると、再びこの男があらわれ、貸した金の返却を迫り、屋根裏部屋でマリファナ栽培をすることを強要してきたと語っている。

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で