オランダなう


オランダなう

難民センターのベッド空きでオランダ政府に負担

© ANP, via RTL Nieuws

難民センター周辺の暴力事件数が劇的に上昇

2016-10-05

オランダの難民センターの周辺で報告された暴力事件の数は、今年の上半期で劇的に上昇した。

 

1月から6月の間、難民施設運営組織では、2803件の攻撃的な行動や暴力事件の報告を記録した。これらのうち、502件の事件は警察に通報された。2015年の1年間で通報された377件に比べその数は大きく上昇となっている。

 

オランダ法務省ではこれについて、その主な原因は、混雑したセンター、長期にわたるウェイティングリスト、十分とは言えないプライバシー保護などが、難民申請希望者のストレスとなり、問題行動へと繋がっているとした。

暴力事件における6件のうち1件は、警察やセンタースタッフに向けられたものであった。

 

法務省ではまた、これらの事件の加害者のうち16人は犯罪で有罪とされたため、難民認定を拒否されたことを報告している。

 

 





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で