オランダなう

オランダなう


難民政策の厳しいオランダ

2016-02-04

司法省の研究部門WODCの報告によると、ヨーロッパの国の中でオランダは難民政策のルールが厳しい国の1つである

ドイツ、ベルギーやスウェーデンに比べ、難民がオランダで在留許可を取得できる可能性は低い。

オランダに難民申請した人のうち在留が許可されるのは35%だけである。ブルガリアは51%の受け入れ率で、最も寛大であり、ギリシャは24%の受け入れ率と、最も厳しい。

報告書はまた、オランダで受け入れられた難民のほとんどはシリアやエリトリアなどの国から来ていることを示した。ロシア、セルビア、マケドニアのような受け入れのチャンスが低い国からの難民はオランダへの入国はまれである。

 





FOLLOW US